2つの柱

10、海は光がいっぱい(お話の映画)
ナレーター 山本學
ここは海。たくさんの島々に囲まれた美しい海です。
海の光の中でいろいろな船が走ります。また海にはたくさんの人の暮らしがあります。子どもたちも元気に遊んでいます。
海はいつも光がいっぱいで、光を慈しみ、愛しむ人間のいとなみがあふれます。
11、海とお月さまたち(記録映画)
ナレーター 大宮悌二
日に日に姿を変えるお月さま。その下で人も魚もくらしています。雄大な不知火海のちいさな漁村の春から夏へ、海に生きる漁師さんと魚たちの知恵くらべのおはなし。
このムービーをご覧になるためには、「リアルプレイヤー」が必要です。
お使いのパソコンにリアルプレーヤーがインストールされていない場合は、左のバナーからダウンロードしてください。
12、あら、あれ、あらら…?(劇映画)
ナレーター 酒井ゆきえ
五才のアッちゃんがお留守番をします。生まれて初めての、一人ぼっちのお留守番です。あれ、あらら、とんでもない事がつづきます。この初めての経験でアッちゃんは、いろんな事を発見しました。アッちゃんが発見したものとはいったいなんだったのでしょう?
13、手のおはなし(記録映画)
ナレーター レオナルド熊
つるつる、ざらざら。私たちは手で触れて感じます。手を使って私たちは考えます。よく遊ぶ子どもの手、よく働く大人の手、手は私たちにいろいろなことを教え、気づかせ、やがてその手はやさしい心を育ててくれます。手は私たちのすてきなお友達です。
14、汽車汽車しゅっぽっぽ(記録映画)
ナレーター 三遊亭楽太郎
雄大なアルプスの山々。そのお山の頂上めざして、しゅっぽっぽしゅっぽっぽ、と煙をあげて、かわいい蒸気機関車が走ります。牛もいます。羊もいます。青い空、白い雲。美しいお花畑も通ります。今日もお山にかわいい蒸気機関車が走ります。
15、空からのお手紙(記録映画)
ナレーター 広瀬修子
野に里に、雪は様々なかたちを見せて美しい世界をくりひろげます。
あとからあとから舞いおりる無数の雪ひら。そのひとひらひとひらにも高い空の様子を伝えるふしぎなお手紙が綴られているのです。
16、小さな力もちタグボート(劇映画)
ナレーター 遠藤泰子
美しい函館の港で活躍するタグボート。小さな船ですが、とっても力もち。大きな船の発着を、いつもそのかげでささえ、人知れずがんばっています。
昼も夜も、吹雪の時も、一生懸命に連絡船を助けるやさしい船のものがたり。
17_1、岩手の民話より
     ばっけ(お話の映画) 
語り手 真木小苗
バッケとは春一番に地面から顔を出す蕗のとうのこと。このかわいい生命の、清らかなものがたり。
17_2、岩手の民話より
     ぴんぱらりん姫(お話の映画) 
語り手 真木小苗
心のやさしい村の娘が髪をとかすと、ピンパラリン、ピンパラリンと不思議な音がします。さて、ある日、ひとりの男がたずねてきました……。
18、雪の下のしずかなおはなし 
              ゆず(劇映画)
ナレーター 檀ふみ
今日もしずかに雪が降っています。
赤いほっぺの女の子は、ふと知り合ったおばあさんの道案内をします。
深く美しい雪の中で、二人の心と心があたたかくふれ合います。
お別れにおばあさんは女の子の手にそっとすてきな贈りものを残してくれました。
このムービーをご覧になるためには、「リアルプレイヤー」が必要です。
お使いのパソコンにリアルプレーヤーがインストールされていない場合は、左のバナーからダウンロードしてください。

Copyright (C) 2003 Document film Production Institute of Japan. All Rights Reserved